表 紙
タイトル・内容
備 考
■ ほっとけないひと ■

短編二作掲載。
「ターニング・ポイント」「ヒッチハイカー」

「捨てる神あれば、拾う神あり」をテーマに、二組の男女の出会いを描きました。
何気ない出会いも、意味のあることなのだということを訴えたくて、凄く考えて構成したんです。
絵が凄く下手なんですが、個人的にこの本が一番良く出来ていると思います。

下手だけど、一生懸命がにじみ出ていて、今見ると背筋が正される気がします。

完売
■ 生贄のむすめ ■

毒に侵された元軍師、レイ・アルフェルドのもとに、生贄のむすめ「フィア」が贈られてくる。
フィアの部族は血に特殊な力があり、精製すれば「万病薬」になるという、彼女を殺して薬にすれば、彼の命はたすかるが、彼には死ななければならない理由があった。
死を恐れるフィアと、自ら死を選択するレイ。
相反する状況下で、次第に惹かれていく二人だが・・・

本誌のテーマは「不条理」です。
「死」に直面した、同じ立場の人間に出会うことにより、偏見や思い込みから開放され、物事の本質を悟ることができる。
ということを、主人公とヒロインを通じて表現してみました。

閲覧できます

本編へGO!

■ 男子校物語1,2 ■

都内の私立男子校高校、三年生B一組の日常を、短編のギャグ漫画にしました。

私の弟の通っていた男子校の話を漫画にしたのですが、弟のクラスは「体に障害のある子や、奇病をもっている子」が多かったので、「ハンデ」をテーマに、メッセージ性のある漫画を描けたらいいと思ったのが書くきっかけです。
しかし、テーマが重いと読んでもらえないので、思い切ってギャグ漫画にしました。

障害者に対しての心遣いや礼儀を読み取ってもらいたくて、小学生を対象に描いているので、とても分かりやすく、家族みんなで楽しめると思います。

閲覧は下記
リンクより

第1巻はコチラ

第2巻はコチラ